PAL(パル)

PAL(パル)

PAL(Phase Alternating Line)はアナログカラーテレビ放送の規格である。 開発した西ドイツ(当時)を中心に、イギリス等の西ヨーロッパ、ASEAN諸国の大部分、中東の大部分、 アフリカの一部、ブラジル、オーストラリアなどで採用されている。

 

走査線毎に色信号の位相を反転しているが、このことで、 ある程度の位相エラーを自動的に補正することが出来、 結果として正しい色を出すことが出来る (NTSCでは受信機の色合い補正を手動で行う必要がある)。 しかしながら、位相エラーが大きいときには補正が利かなくなり、”Hanover bars”と呼ばれる縞模様を出して破綻した(現在はこれを補正する規格に変更されている)。

 

PALは通常、1フレームあたり625本の走査線で、1秒当たり25フレームの信号で放送され、 NTSC同様飛び越し走査による表示を行う。各フレームは2つのフィールドで構成され、 各フィールドは1フレームの約半分の走査線で構成される(片方は偶数ラインで、 もう片方は奇数ラインで構成される)。フィールドは伝送され連続して表示される。 1秒あたり50フィールドで表示されることになる。 この構造は、フリッカー防止と帯域幅節約との妥協案で生まれた。

まずはお気軽にお問合せください!

防犯カメラのPSDが御社の安心・安全にお応えいたします。

・激安・格安な防犯カメラ取付けの見積りが欲しい。
・アフターサービスのしっかりした防犯カメラ業者を探している。
・夜間の駐車場を監視できる防犯カメラが欲しい。
・コンビニの防犯カメラを交換したい。
・マンションの防犯カメラを入れ替えたい。