非球面レンズ

非球面レンズ

レンズの中央部と周辺部で曲率を変えて非球面としたレンズのこと。収差を除去し、レンズとしての性能を向上させている。

 

通常のレンズでは球面レンズを使用するが、平行光線を完全な形で一点に収束させられないという欠点がある。 この欠点を解消するためにレンズの形状を加工し、非球面状態にしたレンズが非球面レンズで、 これを用いる事で「大口径レンズの球面収差補正」「広角レンズの歪曲収差(ディストーション)補正」 「ズームレンズの小型化」が可能になる。当初は球面レンズを削って加工していたため、 高級レンズにしか用いられなかったが、近年では非球面金型にレンズ材料を流し込んで整形する形式 (ガラスモールド非球面レンズ等)や球面レンズに非球面化する素子を貼り付けて加工する形式 (レプリカ非球面レンズ、ハイブリッド非球面レンズ等)など容易に量産化可能な状況が整ったため、 低価格なズームレンズにも用いられるようになった。

まずはお気軽にお問合せください!

防犯カメラのPSDが御社の安心・安全にお応えいたします。

・激安・格安な防犯カメラ取付けの見積りが欲しい。
・アフターサービスのしっかりした防犯カメラ業者を探している。
・夜間の駐車場を監視できる防犯カメラが欲しい。
・コンビニの防犯カメラを交換したい。
・マンションの防犯カメラを入れ替えたい。