プライベートIPアドレスとサブネットマスクの設定値

プライベートIPアドレスとサブネットマスクの設定値

インターネットでは使われないネットワークIDを「プライベートIPアドレス」と呼び、 下表のようにクラスA、クラスB、クラスCの3段階に分かれている。 ローカルネットワークの規模に応じてクラスを選び、そのクラスのIPアドレスの範囲の中でIPアドレスを設定する。

 

プライベートIPアドレスは、プライベートネットワーク(外部から利用できない社内LANなど)の アドレスとして使うことができる。 異なるプライベートネットワークを相互接続してルーティングすることも可能である。

 

グローバルから直接利用できないことから、内線番号のような仕組みに例えることができる。

 

プライベートIPアドレスとして、次のアドレス空間が予約されている。 ネットワークの規模に応じて、使い分ける必要がある。

 

  • 10.0.0.0~10.255.255.255(クラスA)
  • 172.16.0.0~172.31.255.255(クラスB)
  • 192.168.0.0~192.168.255.255(クラスC)

 

特に、192.168. から始まるアドレスを使うことが多い。

まずはお気軽にお問合せください!

防犯カメラのPSDが御社の安心・安全にお応えいたします。

・激安・格安な防犯カメラ取付けの見積りが欲しい。
・アフターサービスのしっかりした防犯カメラ業者を探している。
・夜間の駐車場を監視できる防犯カメラが欲しい。
・コンビニの防犯カメラを交換したい。
・マンションの防犯カメラを入れ替えたい。