アスペクト比

アスペクト比

ディスプレイ、及びディスプレイに表示される画像などに用いられる縦横比のこと。 日本のテレビはNTSC方式(National Television System Committee方式)に準拠しており、 アスペクト比は4(横):3(縦)が用いられている。

 

この4:3のアスペクト比はPCのモニタやデジタルカメラの撮影画像のサイズとしても多く使われている。 例えばPCの画面で見ると、VGAの解像度が640x480、SVGAが800x600、XGAが1024x768となっており、 これらはいずれも4:3である。(※1280×1024は5:4)

 

ハイビジョンテレビの誕生時には、人間の好む画面比率が4:3よりも横長の傾向、 5:3ないし6:3程度にあることがわかり、さらに映画との互換性の点からアスペクト比は16:9となっている。

まずはお気軽にお問合せください!

防犯カメラのPSDが御社の安心・安全にお応えいたします。

・激安・格安な防犯カメラ取付けの見積りが欲しい。
・アフターサービスのしっかりした防犯カメラ業者を探している。
・夜間の駐車場を監視できる防犯カメラが欲しい。
・コンビニの防犯カメラを交換したい。
・マンションの防犯カメラを入れ替えたい。