撮像管

撮像管

被写体の像を電気信号に変換するための電子部品である。 映像信号としてテレビ受像機に像を映し出すための最初の段階を担う部分であり、 テレビカメラの心臓部である。 同様の働きをするものに固体撮像素子があり、撮像管に対して撮像板(さつぞうばん)と呼ばれることがある。

 

機能部は真空にした筒状のガラス管に封入されており、 先端に配置された撮像面に光学系により被写体の光学像を投影し、 光の強弱を電気信号として取り出すものである。 光-電気変換には、一般に光導電効果を応用した光導電膜を用いることが多く、 光導電膜の素材により様々な撮像管が開発された。

まずはお気軽にお問合せください!

防犯カメラのPSDが御社の安心・安全にお応えいたします。

・激安・格安な防犯カメラ取付けの見積りが欲しい。
・アフターサービスのしっかりした防犯カメラ業者を探している。
・夜間の駐車場を監視できる防犯カメラが欲しい。
・コンビニの防犯カメラを交換したい。
・マンションの防犯カメラを入れ替えたい。