色差信号

色差信号

原色信号(Red,Green,Blue)から輝度信号成分(Y)を取り除いた信号でR-Y,B-Y,G-Yで表される。

 

人間の目には、色の変化よりも明るさの変化に敏感であるという性質があります。 この性質を利用して、画質の劣化をできるだけ少なくしながら映像信号の帯域幅を節約するには、 色信号から輝度信号を分離したほうが有利になる。 そこで、輝度信号の帯域幅を広くとり、色差信号の帯域幅を狭くすることによって、 映像信号全体の帯域幅を抑えることができる。

 

輝度信号は、RGBの各色信号をある比率で足し合わせることによって求めることができ、 求められた輝度信号を各色信号から引くことで色差信号が計算される。映像信号には、 輝度信号と2つの色差信号「R-Y」「B-Y」が用いらるが、 もうひとつの色差信号「G-Y」は、他の信号から計算して求めることができるため、映像信号には含まれない。

まずはお気軽にお問合せください!

防犯カメラのPSDが御社の安心・安全にお応えいたします。

・激安・格安な防犯カメラ取付けの見積りが欲しい。
・アフターサービスのしっかりした防犯カメラ業者を探している。
・夜間の駐車場を監視できる防犯カメラが欲しい。
・コンビニの防犯カメラを交換したい。
・マンションの防犯カメラを入れ替えたい。