補色フィルター方式

補色フィルター方式

スキャナ、デジタルカメラ、ビデオカメラに付属しているCCDやCMOSイメージセンサーを 用いて画像を取り込む際に、C(Cyan)、M(Magenta)、Y(Yellow)に、G(Green)を加えたフィルターのこと。

 

補色フィルターは、一般的に原色フィルターに比べて色が薄いため、 発色が劣るといわれているが、感度が高くノイズが少ない。

 

スキャナには色が鮮やかといわれる原色フィルターが使われ、デジタルカメラやデジタルビデオカメラでは、 原色フィルターを使った機種と補色フィルターを使った機種が多い。 薄暗いところでも撮影できるように、あえて補色フィルターを使った機種もある。

まずはお気軽にお問合せください!

防犯カメラのPSDが御社の安心・安全にお応えいたします。

・激安・格安な防犯カメラ取付けの見積りが欲しい。
・アフターサービスのしっかりした防犯カメラ業者を探している。
・夜間の駐車場を監視できる防犯カメラが欲しい。
・コンビニの防犯カメラを交換したい。
・マンションの防犯カメラを入れ替えたい。