Y/C分離

Y/C分離

輝度信号Yと色信号Cを分離(Y/C分離)し、色信号を低域変換したうえで記録する方式。

 

テレビ放送などの映像信号は伝送効率を上げるために輝度信号(Y)と 色信号(C)が合成されたコンポジット信号が利用されているが、受像機で表示する際にはこれを分離して 映像を再現することになる。この分離の精度が低いと画面に色にじみや 輪郭や境界の変色、点(ドット)状のノイズが生じる。

 

初期には単純に特定の周波数で区切って 信号を分離する1次元Y/C分離が利用されていたが、その後、前後の走査線の相関を利用する 2次元Y/C分離、走査線の相関に加え前後のフレームの相関を利用する3次元Y/C分離などの方式が開発された。

まずはお気軽にお問合せください!

防犯カメラのPSDが御社の安心・安全にお応えいたします。

・激安・格安な防犯カメラ取付けの見積りが欲しい。
・アフターサービスのしっかりした防犯カメラ業者を探している。
・夜間の駐車場を監視できる防犯カメラが欲しい。
・コンビニの防犯カメラを交換したい。
・マンションの防犯カメラを入れ替えたい。